敏感肌 ファンデーション

敏感肌がよろこぶファンデーション

 

ファンデーション選びには苦労してきました。
それは私が俗に言う敏感肌であるからです。

 

敏感肌というのは、まず洗顔からスキンケアの時点でつまずきます。
刺激の強い成分や肌に合わない成分が含まれた商品を使うと、肌が痒くなったり吹き出物が出たりします。

 

自分に何が合わないのか。それはもう経験によって当たりを付けていくしかありません。
しばらく問題なく使用していても、いつからか拒否反応が出るということもあります。

 

敏感肌ですと、それだけ肌に塗る成分には気を使わないといけないのです。

 

だとすれば、なるべく肌に余計なものは乗せなければいいのですが、社会生活を送るにはお化粧も必要になります。
また、何も塗らずにいれば紫外線による刺激もあります。よってファンデーションは、なるべく刺激にならないものを選ぶということになります。

 

リキッドファンデーションにクリームファンデーション、BBクリームにパウダーファンデーション…

 

様々なタイプのファンデーションを試してきたのですが、脂が多めの敏感肌向きなのはパウダーファンデーションだという結論に至りました。

 

パウダーファンデーションが一番皮膜感が薄く、肌がむず痒くなったりしないのです。肌の状態が自然に近いと感じました。

 

下地選びにも共通するのですが、個人的にはこの「皮膜感」がファンデーション選びにおいて重要だと思いました。
敏感肌の方は「皮膜感」に重きをおいてファンデーション選びをしてみてはいかがでしょうか。